ドーン

ドーンと来い。といってみたい(笑)

2014年11月

内容さることながら、漫画にはとても重要なキャラメイキングも素晴らしい。服装や髪型、顔だけでなく、常に甘い物を口に含んでいるL。やはり子供なのか、常におもちゃで遊びながら推理するニア。

常人ではない天才とよばれるキャラクターの描き方が巧い。また主人公に置いても、新しい形のダークヒーローとも言えます。私の知るところで最も古いダークヒーローと言えばデビルマンですが、あれは、言ってしまえば、悪魔属性であるだけで、結局はヒーローといえます。

しかしデスノートの主人公。夜神月は、完全に悪寄り。最後は無残にも殺され物語は終ります。また悪寄りと述べた事と矛盾しますが、悪である主人公は「悪人をこの世から排除する」為に悪事を行っているという設定がまた考えさせられます。
ちょっと悪い系漫画ならオレの左手が美女を喰いまくるがオススメ。

この漫画が好きな方はよく、Lが死んでからはイマイチと言いますが、私はそうは思いません。Lの次に現れる正義側のキャラクター〔同時に主人公から見ると敵キャラ〕ニアが、Lよりも若く、そしてLよりも攻撃的である事が非常に面白い。

先日、めざましテレビの放送中にカトパンこと加藤綾子アナウンサーが体調不良で途中からいなくなってしまったので驚きました。

メインのキャスターが生放送中に退出してしまうなんて初めてみましたが、それだけ体調が悪かったんだろうなぁと思うと同時に、普通の会社員ならたまに体調不良で会社を休んだり、早退するというのもあることですが、テレビに出ているような人にとっては、そういうことは基本的にはタブーになってしまうので、普段からの健康管理は本当に気をつけているんだろうなぁと感じました。

しかも、アナウンサーの方は放送時間の関係で不規則な生活をしている中で、本当に大変なのが想像できます。カトパンさん、仕事も多いので忙しいでしょうし・・・。もう戻ってきていましたが、ゆっくりできるヒマがあるといいのになぁと思いました。

↑このページのトップヘ